So-net無料ブログ作成

針なしで 10枚も閉じられるとは... o(@.@)o [モノ]

コクヨの 「 ハリナックス
針を使わず紙に穴をあけて結ぶようにとじるホチキス ” というコトで

handy10_01.jpg
handy10_05.jpg

発売当初は、

「 発想はスバラシイけど、実用に叶うかどうか? 」

などと 言われもしましたが...


今や、オフィスのあちこちで見かけるようになり、

市民権を得ている と言っていいですよね。
(^ω^)ノ


その「 ハリナックス 」 の閉じ込み枚数ですが、

いままでは、8枚が上限だったものを

一度に10枚の紙を閉じられるようになりました。

(; ̄Д ̄)なんじゃと!


これで、増々使用するシーンが増えますね。
(。・ω・。)ノ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『ルンバ』と『口コミ』と『アリーアダプター』 [モノ]

まったく売れなかったそうである。

初代「ルンバ」が 2002年9月17日に誕生し、日本に来たときのコト (^^;

その「ルンバ」が、この 9月 に誕生10周年を迎えるのを聞いて...「よく、流行ったものだな」と...


掃除機といえば「 吸い込み口 > ホース > 本体 > 電源ケーブル 」という構成が頭に浮かぶのが普通の時代に(今でも大方そうであるが)、丸くて平たくて電源ケーブルもなく、よく見ると丸い本体の底についている頼りなさそうなブラしを回しながら勝手に動いているモノを 「掃除機ですっ!」と宣伝しても...

質の良いモノに囲まれている日本人は「なんじゃこりゃ? オモチャだな。」くらいにしか思わなかったのではないだろうか。

しかし、機種改良と販売努力を続けた結果、今ではライバル機種が出るほどの認知度を得るようになった。

 - 日本での「ルンバ」の販売は、日本総代理店 セールス・オンデマンド株式会社が行っている。
ルンバ繁栄は、その機体の性能向上もさることながら、セールス・オンデマンド社長 木幡民夫 氏の尽力のたまものである。-

また、米アイロボットのロボット社のコリン・アングルCEOは
「『ルンバ』がシェアを獲得しているのは、10年という歴史があるからではない。
ゴミやホコリをしっかり取ることができる掃除機だからだ」と断言しており、同社の実直さに好感が持てる。

 >ロボット掃除機「ルンバ」が9月17日に10歳に! 5万円を切るモデルも登場


さて、「なんじゃこりゃ?」と思われていたルンバだが、購買者がゼロだったわけではない。

(当たり前だ、でなければ今がないのだから (・・?)。

初代ルンバを見て「なんじゃこりゃ? オモチャだな。」ではなく
「ナニこれ!? オモシロそう \(@@! 」という方がいたのである。

そう、モノはなんでもそうであるが、このような人たちがルンバに興味を持ち、ルンバを購入し、試し(使い)、感想を伝える(「口コミ」する)ことによって、一般の人々に受け入れられていったのである。


社会学の中で『新しい商品やサービス/技術や知識/ライフスタイルなどが登場したときに、早い段階でそれを購入/採用/受容する人々(層)』を「アーリーアダプター(初期採用者)」と呼ぶそうである。

まだ普及していない「新しい モノ や コト」がどのように社会や組織に伝播・普及するのかの研究において、その採用時期によって採用者を5つのカテゴリに分類したところの2番目にあたるらしい(※1)。

(米国の社会学者エベレット・M・ロジャーズ(Everett M. Rogers)が著書『Diffusion of Innovations』の中で最初に使った言葉)

つまり、「口コミ」層は「アーリーアダプター」といえるわけだ。

ちなみに、「アーリーアダプター」の前、つまり1番目は「イノベーター」と呼ばれ、「革新性に富むが、極めて少数であるうえに価値観や感性が社会の平均から乖離離(かいり)し、全体に対する影響力はあまり大きくない。」となる。

(ある意味、玄人思考とういうことか?)

「アーリーアダプター」はそれよりも社会全体の価値観の乖離が小さく、「イノベーション」のやることを見て「受け入れられるのか/難いのか」を判断し、新しい価値観や利用法を提示する役割を果たすとういうワケ。


「アーリーアダプター」が役割をはたしておかげで、なんだが私も「ルンバ」が欲しくなってきたような気がする (^^;


(※1)ロジャーズの採用者カテゴリ(上から1~5)
■イノベーター(革新的採用者)
 ・冒険的で、最初にイノベーションを採用する

■アーリーアダプター(初期採用者)
 ・自ら情報を集め、判断を行う。多数採用者から尊敬を受ける

■アーリーマジョリティ(初期多数採用者)
 ・比較的慎重で、初期採用者に相談するなどして追随的な採用行動を行う

■レイトマジョリティ(後期多数採用者)
 ・うたぐり深く、世の中の普及状況を見て模倣的に採用する

■ラガード(採用遅滞者)
 ・最も保守的・伝統的で、最後に採用する


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

2TBのハードディスク はあなた次第でお買い得になる! [モノ]

2TBのハードディスクを安く手に入れて、大容量時代に対応する。

■データの種類、数、サイズ すべてにおいて増加方向にある。

そのような動向に対応してPCの内蔵ハードディスクも大容量になってきてはいる。
しかし、例えば最近の 1000万画素 クラスのデジタルカメラなら、1枚当たりのファイルサイズがJPEG形式で 4MB 近くになる。
HD画質の動画ファイルなら 数十~数百MB である。

家族で出かけたり、自分の趣味で撮影した写真や動画を内蔵ディスクに収め続けたら、大容量になってきた内蔵ディスクでさえ空き容量を気にせざるおえない状況がやってきてしまう。

そうなったときに、一番早くストレスのない対処法は 「外付けハードディスクにデータを移す。」 である。

一時期、自然災害などで値上がりしていたハードディスクの価格が最近落ち着いてきており、USB 2.0 & 容量:2TB であれば、1万3000円程度からで入手できる。

3TB であれば、実勢価格が2万6000円あたりとなり、値段そのものもそうだが、容量当たりの単価も割高になる。


■大容量のハードディスクでも安く手に入れる方法はある。
値のはる大容量のハードディスクでも、メーカーのパッケージではなく、大型量販店/パーツショップでバルク品の内蔵用ハードディスク(HDD)と、外付け用のHDDケースを購入して組み合わせれば、コストパフォーマンスを高めることができる。

3TB の容量の 内蔵用HDD ならば 約1万4000円 程度から入手でき、ケースと組み合わせれば 2万円以下 で自作できる。


以下は、参考まで

名称価格(約)特徴
玄人志向
GW3.5AA-SUP3/MB
¥2,700低価格ながら熱伝導性の高いアルミの外装で熱を発散する外付けHDDケース。
電源連動機能や省電力機能を備える。
パソコンとはUSB 3.0で接続可能。
縦置き用のスタンドが付属する
ラトックシステム
RS-EC32-U3R
¥8,200Serial ATA接続のHDDを2台まで組み込めるHDDケース。
それぞれのHDDを別個に認識させるモードのほか、組み込んだHDDをRAID構成にして利用できる。
USB 3.0に対応
センチュリー
裸族のお立ち台DJクローンプラス
¥6,400内蔵HDDをむき出しのまま差し込めば外付けHDDとして機能する人気モデル。
3.5インチおよび2.5インチのHDDを2台同時に装備可能。
パソコンとはUSB 2.0またはeSATAケーブルで接続する




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ノートPCをUSBで充電可能に [モノ]

USBがまた進化しそうだ。

ノートPCからUSBケーブルが延び、マウスやUSBメモリ、スマートフォンやこの時期だと扇風機?がUSBによって電気を供給され動作している様子は当たり前だが、 ノートPC自体がUSB経由の電源から動作することは今までなかった。

しかし、7月18日に USB 3.0 Promoter Group(USB 3.0の標準化組織)は、新しい給電仕様「USB Power Delivery(USB PD) (※1)」の策定完了を発表した。

この仕様では「USBバス・パワーで最大100ワットの電力供給が可能」とし、これはノートPCの電源として十分に使えるものである。

USB PDは、送電/受電の方向に対しケーブルの方向を変える必要がなく、必要に応じて供給する電力量を調整することができるインテリジェントな電源管理仕様である。
ただし、100W給電を利用するにはUSB PD対応ケーブル(コネクタ形状は変わらない)が必要になる。


現在はIT機器の充電に使われているUSBだが、この仕様(USB PD)でより汎用的な電力源になった。

今後、一般家電のIT化やIT機器との融合が進めば、その利便性はいっそう増すことになるだろう。


関係者によれば、USB PD対応機器が市場に登場する時期について「少なくとも来年(2013年)半ばまでは待たなければならないだろう」とのことだが、このコメントに多くの失望と待望の声が重なるのを感じるのは私だけだろうか。

 (※1) USB.org - USB Power Delivery 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース