So-net無料ブログ作成
検索選択
ビジネス ブログトップ
前の10件 | -

アラフィフが副業で毎月3万円稼ぐ方法を暴露!無料でココまでやるか? [ビジネス]

私はもう50歳の大台にのったから、ネットビジネスで稼ぐなんて無理...

アナタは、まさか、そんな、人生あきらめムードになっていませんか?

本当にあきらめているなら

「はい! さようなら」

これ以降は読む必要がありません。

続きを読んだ人だけが徳する方法をこれから言いますので...

続きを読む


COMPASS!発売中止を希望するヤバイSEO分析ツール?口コミや評価! [ビジネス]

Catch the Webという会社が発売した『COMPASS』というツールが、かなり話題になっています。

このツールをざっくり言うと「SEO分析ツール」というものです。

ですが、巷にあるそうしたツールとは機能と価格において、
一線を画するモノになっています。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

「リッチマン、プアウーマン」から学んだ。 ITとは [ビジネス]

『リッチマン、プアウーマン』とは、先日終了したフジテレビのドラマです。その中のセリフが素晴らしかったもので...

 

ザクッとあらすじ

時価総額3000億円とも言われるIT企業
「NEXT INNOVATION(ネクスト イノベーション)」を率いる若き社長・日向 徹( 小栗 旬)が、

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中国のレアアースは、日本に対するアドバンテージにはならない [ビジネス]

レアアース.jpg

中国産レアアースが
世界市場の9割以上を占めていることを
ご存知でしょうか?

いわゆる独占状態ですね。

一時期、
中国が地位と利益と日本への圧力を高めるために
レアアースの輸出規制を実施したときは、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ヤマダ電機の赤字に見る、家電量販業界の存亡にかかわる環境変化 [ビジネス]

「ショールーミング(showrooming)」という言葉を知っていますか?




・・・




・・・





 店舗で商品の実物を比較検討したあとに、ネットで安く購入することです。


リアルの店舗がショールームのように利用されるために、こう呼ばれています。



家電量販店で、「他社提示価格よりも安く販売しています」という広告は良く目にしますよね。

そこで言う “他社” というのは、普通は その量販店と同じリアルな店舗です。


今までは... えっ (´・ ω`・)



しかし、ヤマダ電機では今年の5月上旬から、その対象を 通販サイトの商品にも広げたというのです。

( ̄◇ ̄;) はぁ~っ


その理由が、冒頭で述べた 「ショールーミング」と呼ばれる購買行動に対抗するためだとか。



スマホが普及している現在、
アプリを使って 量販店で売られている商品のバーコードを読み取り、その場で簡単に価格を比較できてしますのデス。



つまり・・・

・量販店に来たお客さんが 実際に商品を比較検討

・気に入った商品のバーコードからネット上での価格を調べる

・ネットの方が安ければ そちらで購入する。

そのような消費行動が当たり前のように行われている。

というコトなんです。



こんなコトが行われていると分かったら、
リアル店舗としては ライバルをネットにまで見据えておかなければならない。

と言う流れになるのは当然ですよね。



「ショールーミング」が コストダウンに価値を見出すものなら、
リアル店舗はそれ以外のことで「付加価値」を提供していくしかありません。


「粗利率(売上総利益率)」という観点からみると、ヤマダ電気は下がりましたが、
ライバルの ケーズデンキ や エディオン は落ちていません。


つまり、

価格以外の点で ヤマダ電機は何か失っている、あるいは十分でない ことがあるというコトですよね。


「戦う前に負けている」と。



私たちにとって、実際に商品を見比べて選ぶことは、
自分なりの価値観を満足できるかどうかを実際に確認できる大事な行為です。

できれば、そういった場を提供してくれているリアルな量販店で購入したいと多くの方が思っているハズです。



ネットに以上に魅力のある 「付加価値」 とは、いったいどういうモノなのか?



これは、ビジネスを行っている全ての人が、考えなければいけないコトですが...

ぜひ、ヤマダ電機にも見つけてほしいと思います。

б(´・ω・`;)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日本の技術者はどこへ行く? [ビジネス]

11月11日に発売された ビジネス誌 『週刊ダイヤモンド』 11/16号の特集が話題を呼んでいるようです。
(ο´・ д・)??


特集のタイトルは、

『サムスン 日本を追いつめた“二番手商法”の限界』 と言うモノで、

ウェブでは、その一部分 「独占公開 サムスンが呑み込んだ日本の技術」 が公開さています。

そして、さらにその中には 「サムスンに貢献した日本人技術者ランキング」 というものがあり、

メーカー毎に分野と特許数が掲載されているという次第です。


特許の内容にもよるのでしょうが、そこに見えている数だけで 187件。

大手企業からサムスンにヘッドハンティングされた技術者のノウハウが元となったと思われる、
2001年 ~ 2012年にかけて 出願された特許数が見て取れます。


正直、これでいいのか ニッポン! と叫びたくなるような気持ちですし、

どうして、重要な知識や技術をもっている人材を囲っておけないのか!? と

怒りとともに、悲しくなってしまいした。


取り上げているページの中には

>「日本企業は技術者への評価が低過ぎる」。 これはサムスンに渡った技術者はもちろん、日本企業からも聞こえてくる不満の声だ。
>サムスンはその間隙を縫ってヘッドハントを仕掛けてくる。
>
>また、「サムスンの情報管理が厳しいというが、日本企業が緩過ぎる」(サムスン技術者)という指摘も多く見受けられる。

とありますが、

どれも、まったくその通りとナットクできてしまいます。


反論したい方がいても、現状が肯定しているのですから、どうしようもないでしょうね。


記事最後では、サムスンは追われる側になって「二番手商法」は苦しくなった と 慰めるようなコトを言っていますが、

「だからどうした!?」 次に台頭してくる企業が同じことをするではないか。 ですよね。


日本は、技術者に対してもっと 尊厳 を与えるべきです。

また、技術者が自立できる環境を整えてほしいと願いマス。


どの様な職業にも当てはまりますが、

一生懸命働いてきたのに、お年だから ハイおしまい。 では寂しすぎる。 悲しすぎます。


技術大国と自称している国が、この様な ありさまで どうするのか!? と

一人、プンプンしている私でした。

ヽ(`⌒´♯)ノ ムッ





『週刊ダイヤモンド』11/16号(11/11売)の特集は『サムスン 日本を追いつめた“二番手商法”の限界』

独占公開! サムスンが呑み込んだ日本の技術

『週刊ダイヤモンド』が「サムスンに貢献した日本人技術者ランキング」を発表しネットで議論に

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策” - 09.行動すれば、失敗する。 [ビジネス]

こんなタイトルつけたら、読む人いないな。

(前回のタイトルと矛盾している感じなので...)

( ̄◇ ̄;)エッ ...


だから、ココで ザックリとビジネスの本質を書いておこうっと。

誰も読まないだろうから、私が忘れない為。

その為だけに...



ビジネスとは、

・When いつ
・Where どこで
・Who 誰に / 誰が
・What 何を
・How / Why どう売るのか / なぜ買うのか

...である。

以上 (・ω・)ノ




・・・・・・




ついでに言うと

成功する為には、行動するしかない。

...たぶん、何度も言っていると思いマスが

(・ヘ・)


そして、チャレンジ に 「 失敗 」 はつきもの。

つまり、「 失敗 」 をする為に行動をする。

(; ゚ ロ゚)ナン



さらに、あきらめたら おしまい。


何かを成そうと思い立って、成功する事例ばかり求めていても、
そういう精神状態では、動きが鈍くなる。
もしくは、動かない。


「 無茶をしろ! 」 とは言わないが、行動しなければ 成功は近づいてこない。

だから、無茶加減は自分で決めなさい。


たとえ失敗しても、追い求め、あきらめないなら、成功(= 幸せ)は どんどん近づいてくる。

これを、「 人生 」 という。



私が、いま行動しようと考えているのが コレ
m( ..)m

“ リスト不要 ” の最新メルマガ アフィリエイトの秘密とは?


関連記事
(Γ・ω・) 【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策”


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策” - 08.失敗する方が難しい [ビジネス]

「初心者に稼がせる」ためだけに作った!

( ̄◇ ̄;)エッ


一通のメールそれだけで100万円を稼ぐ

一週間で1000万円を達成!



メルマガアフィリエイトなのに

...『リストなし』

...『文章力なし』

...『実績なし』

それでも、言い切る “失敗する方が難しい”

...(;゚⊿゚)マジかっ?



アナタは、アフィリエイトで稼ぐことを諦めますか?

私は、何が何でも 成功したいっ!

コレ、本音です。 (◎`・ω・´)ゞ



でも、どうやって 稼ぐシステムを 構築したら良いのか?

“ 権利収入 ” で 生活して行くには?

(? ゚д゚)



この動画

“ リスト不要 ” の最新メルマガ アフィリエイトの秘密とは?

で言われている、あるシステムの秘密。


奥村 氏が断言する

『 初月から3万円~5万円、6ヶ月後には月収50万円~100万円 』

を 得るための システムを、一緒に研究しましょう。


□メルマガアフィリエイトにも関わらず、リスト不要!
 「読者集め」の苦労から解放される特別な仕組みとは?

□さらにメルマガアフィリエイトにも関わらず、
 「文章力まで必要無し! 」と豪語する事が出来る理由とは?

□アフィリエイトの実績も一切不要!
 圧倒的なブランドすらも“ないがしろ”にする、
 初心者・未経験者に優し過ぎるノウハウとは?

□もちろん“ゼロ円”から参入可能!
お金も手間もかけないアフィリエイト手法のカラクリとは?

□「アフィリエイターの90%は5000円以下しか稼げない」と
 言われる中、この方法なら “すぐに”月収3万~5万円を
 達成出来ると見込める、その根拠とは?

□6ヶ月間で、副業でも月収50万円~100万円を稼ぎ出し、
 お金の不安を全く抱かない人生を手に入れる為の、秘密のノウハウとは?


関連記事
(Γ・ω・) 【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策”


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策” - 07.私たちは時間を使いきっている。 [ビジネス]

来年の消費税増税が決定しましね。
┐( ̄ヘ ̄)┌


今から 来年の家計のやりくりを心配している人もきっと多いはず。

政府は、

 経済が成長すれば
 雇用が増る + 賃金が増える = 日本国民は潤う

とは 言っていますが...

まったく実感がわきません。
( ー_ー)



もし、景気が良くなるとしても

会社の業績が上がった
...ハイッ 昇給! (○゚▽゚)o

なりますか?


...ρ(-ω- )


なりませんよね。


経営者は 景気向上の恩恵を受けて お金持ちになりますが、
景気回復の効果が 給料に反映されるまでの間、
私たちは 支出が増えるわけです。

富める者 と 貧する者

...「 二極化 」 というワケです。

( ̄◇ ̄;)


富める者 と 貧する者 の違い

富める者 と 貧する者 が持っているモノの違いは、
お金だけではありません。

「 時間 」についても言えるのです。


確かに、お金持ちの人でも忙しくしている人はいます。

しかし それは、一般の人々とパフォーマンスが違うコトは、
想像がつきますよね。


たとえば、

今、時給 1万円 の仕事があったとします。

普通に考えたら、スゴイ額ですよね。


アナタが 1日 に 7.5時間 働くとしたら、
日給は 7万5千円。

そして 月に 22日 働いたら、
月給は 165万。

よって 年収は、1,980万円

これに 所得税が 40% と 調整が掛かりますから

手取りは、約1,468万円 位になりマス。


立派な額ですよね...時給 1万円 なら。


しかし、実際に 時給 1万円 の仕事なんて、ほぼ無いでしょう。

もし あったとしても、マトモな仕事とは思えませんし、

そんな仕事が 1日 7.5時間 なんて、ありえないでしょうね。



仮に そこまで あったとしても、長く続けられる仕事でしょうか?

精神 はもつのかな?

ヾ(・ω・o) ォィォィ



仮に、仮に そこまで、そーこーまーでっ クリアしたとして、

年収 1,500万円 は、お金持ちですか?




時給 1万円で あなたが どれだけ頑張っても、

年収 2,000万円 に届かないんです。



くやしく は ないですか!?



アナタは 自分の時間を売って、収入を得ている。

アナタの財産は 時間 なんです。

その価値は、今後 激的に上昇するコトはありません。

だって、会社に雇われているから。

( その代わり、守られているかも知れません。
  保険 や 年金 の掛け金を払いながら...)



つまり、


 私たちが お金持ちになろうとしたら、

 “ 労働収入 ” では 達成できない。


というコトなんです。


“ 権利収入 ” を得て、本当のお金持ちになる。

充足した 今を感じとる。


アナタに、そうなる為の選択子の1つとして、コチラを紹介しています。

“ リスト不要 ” の最新メルマガ アフィリエイトの秘密とは?

今までも、色々と言ってきましたが、

「 行動するコトでしか、成功は得らない。 」

このコトは、十分に感じ取って下さい。


それでは、

アナタに成功の星が降り注ぐコトを願っていマス。

(・ω・)ノ


関連記事
(Γ・ω・) 【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策”

(Γ・ω・) 01.最初の動画を見た感想 

(Γ・ω・) 02.読者を集める方法はなにか?

(Γ・ω・) 03.「 メルマガ読者数が多ければ 多いほど良い 」 のか?

(Γ・ω・) 04.「 商材が良いから売れる 」 のか?

(Γ・ω・) 05.「アフィリエイトは稼げない」 のか?

(Γ・ω・) 06.「 コピーライティングは大事 」 なのか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策” - 06.「 コピーライティングは大事 」 なのか? [ビジネス]

≫アナタの進む方向に 「 止まれ 」 の標識が立っていたら?

・・・・・・・

アナタは、たぶん 立ち止まる。

( ̄◇ ̄;?


≫ホテルで もよおし ?(°Д° ≡ °Д°)?
 ロビーの隅に 「 トイレはこちら -> 」 の案内を見つけたら?

・・・・・・・

100% と言って良い人が、案内どおりに -> へ向かう。
(^^


これって、
言葉によって、人に そのように行動するコトを
促(うなが)したワケですよね。


つまり、
相手の行動をコントロールしたと...


そう考えると、「 言葉 」 というのは スゴイ代物です。


アナタが思い描いているコトを、
相手に伝えようとしたら、

超能力者でもない限り、
言葉で伝えるしかありませんよね。
(._.) ウン



アナタが ブログ や メールマガ をしていたら、
読者は、何を通して アナタに共感しているのでしょう?

・・・・・・・

言わずもがな、
アナタの つづる言葉 によってデス。

だから、コピーライトは大事だと...


でも、そういったセオリーを無視した、
画期的な メルマガアフィリエイト を提案しているのが

ここに紹介する

“ リスト不要 ” の最新メルマガ アフィリエイトの秘密とは?

です。
( ̄◇ ̄;)エッ


主催の 奥村氏が独自に考案した、
他のノウハウとは一線を画す
「 最新のメルマガアフィリエイトノウハウ 」 の詳細をまとめた
無料動画がプレゼントされます



 ■動画1:
  『父親の事業失敗が原因で800万円の借金を背負い、
   寝る時間を削り“月収1000万円”を達成した方法とは?』


 ■動画2:
  『なぜ、一部の人達だけがアフィリエイトで稼げるのか?
   メルマガアフィリエイトが簡単に稼げる理由』


 ■動画3:
  『あなたが、メルマガアフィリエイトで稼ぐために
   「これだけやれば大丈夫」という3つのポイント』

 さらに…
 4話以降も成功の“秘密”を惜しみなくを公開します。


ここまで 読んで下さった アナタ が、

  「 自分は、このままで良いとは思っていない。 」

  「 もっと 自分を昇華させる生き方が あるハズだ。 」

  「 必ず成功する! 」

そういった気持ちで いるのなら


「 アナタは、成功への階段を すでに登っている。 」

と言えマス。


ならば ぜひ、

“ リスト不要 ” の最新メルマガ アフィリエイトの秘密とは?

を取り入れて、アナタの成功に役立てて下さい。

(・ω・)ノ


関連記事
(Γ・ω・) 【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策”

(Γ・ω・) 【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策” - 01.最初の動画を見た感想 

(Γ・ω・) 【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策” - 02.読者を集める方法はなにか?

(Γ・ω・) 【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策” - 03.「 メルマガ読者数が多ければ 多いほど良い 」 のか?

(Γ・ω・) 【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策” - 04.「 商材が良いから売れる 」 のか?

(Γ・ω・) 【無料】あなたの『今度こそ』を叶える“画期的な秘策” - 05.「アフィリエイトは稼げない」 のか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ビジネス ブログトップ