So-net無料ブログ作成

GAMBA(白組)が大コケ!理由はやっぱりアレ?20億円どう補てんする? [アニメ,漫画,ゲーム]

ガンバの冒険』(ガンバのぼうけん)に初めて触れたのは

小学校の図書館でした。

 

Sponsored Link

たぶん小学4,5年のころに
夏休みの読書感想文の宿題にと選んだのですが...

 

今考えると、「よく選んだな」っていう感じです。

なぜって言えば、結構分厚い本なんですよね。

 

ページ数:394ページのハードカバーの本は、
小学生の私には、ずいぶんズッシリと重く感じたものです。

 

本人も借りた後で、顔色が悪くなっていたんじゃないかな?

カッコつけて、ヤバイ本借りちゃったな...って
( ̄ロ ̄lll)

 

でも、夏休みに入り、いざ読み始めると
ガンバの世界に引き込まれて、結構順調に読み進められましたね。

そう、一気に読むのではなく

コツコツと毎日、一定量をほどよく...

 

夏休みの間に、そうした分厚い本を読めたコトは
それ以降の本との付き合い方を変えてくれましたね。

 

「あっ、本ってこう読むんだ」的なね^^

 

おかげで私は、読書というものが好きになりましたから。

私の読書人生を良きものとしてくれたのが

【楽天で探す】斎藤惇夫『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』アリス館牧新社(1972年)

ですね。

 

 

 

テレビは良かった

そんなガンバがTVに登場して活躍したときには、
なにか運命的はモノを感じてしまいました。

 

また、キャラクターの作りがいいっ!

ガンバ = 野沢雅子さん が最高に良かった!

あと、個人的には、亡くなられた 富山敬さんが声を当てた ガクシャ もイイ!

 

そして、ボスキャラの ノロイ がチョーおどろおどろしい!

image

 

基本 絶望80% : 希望20% 的(私感 ^^;)な世界観がガッツリ表現されていて
思いっきり TV版ガンバの冒険にハマってしまいました。

 

 

 

 

映画は大コケ

一方、劇場版の『GAMBA ガンバと仲間たち』であります。

 

『ALWAYS 三丁目の夕日』や
『STAND BY ME ドラえもん』を手がけた
映像制作会社・白組が
構想15年、総製作費20億円をかけた作品です。

 

10月10日(土)2D/3D全国超拡大ロードショーとして
596スクリーンで公開されるという、鳴り物入りの公開でしたが...

土日2日間での動員は約5万9,000人。

興行収入は約7,500 万円。

1スクリーンあたりの動員が2日間で100人弱という、目を疑う結果に...
( ̄ロ ̄lll)

 

 

はっきり言って、ひどすぎます。

 

なぜ、こんな結果になってしまったのでしょうか?

б(´・ω・`;)

 

私がまず思うのは

構想15年、総製作費20億円」の部分。

 

ふつうに考えれば、時間のかけ過ぎです。

というか、15年の意味が分かりません。

 

ガンバの冒険のTV版が放送されたのが1975年4月

そこから15年たっても 1990年...

まぁ、それとは関係ないのは当たり前ですよね
(^^;

 

となれば、現在2015 の 15年前 = 2000年に何があったのだ?

 

というコトでよく調べてみると...

白組の副社長である、小川洋一氏が2000年に提案してスタートしました。

その理由というのが

3DCGでこれ以上遅れをとったら、
アメリカ(特にピクサー)の背中が見えなくなってしまう

という危機感からだそうです。

 

確かに、アメリカの3DCGってすごいクオリティーですよね。
それに食らいつこうという気概は素晴らしと思います。

 

そして実際に白組は、日本映画に於いて
以下のような 3DCG の実績を残してきたワケですから...

2005年     ALWAYS 三丁目の夕日

2007年     ALWAYS 続・三丁目の夕日

2008年     K-20 怪人二十面相・伝

2010年     秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3、SPACE BATTLESHIP ヤマト

2012年     ALWAYS三丁目の夕日'64、ウルトラマンサーガ

2013年     ガッチャマン、永遠の0

2014年     STAND BY ME ドラえもん、寄生獣

2015年     寄生獣 完結編、『GAMBA ガンバと仲間たち』

(※上記はあくまで私が感じた、話題となった作品)

 

ですが、だからと言って、
15年という年月 = ヒットを約束
というワケではないコトぐらい、だれでも分かるコトです。

 

白組の小川副社長もそうだと思うのですが、
なのに、なぜでしょう?

 

もし、成功したいと願うのなら
市場の醸成はされたのでしょうか?
б(´・ω・`;)

 

メディアで言えば...

1975年に放送されたテレビアニメ「ガンバの冒険」
1984年のテレビシリーズを再編集した映画「冒険者たち ガンバと七匹のなかま」
1991年に新たに製作された映画「ガンバとカワウソの冒険」

...もう覚えている人も少ないでしょう。

それに、直近のものでも24年前です。

時間がたち過ぎです。

 

せめて、1975年に放送されたテレビアニメ「ガンバの冒険」が再放送されて
市場に「ガンバ」需要を作ってからにするとか、

なにか事前の策を講じる必要があったのではないでしょうか?

 

確かに「白組」は日本映画の3DCGにおいて 優秀な実績を残して来ましたが、
それは、良質なコンテンツがあってのコトであって
それは、「白組」の看板のコトではありません。

 

さらに悪いコト(=良いコト?)に製作費20億円は「白組」の持ち出しだとか
( ̄◇ ̄;)エッ ...

 

これって、小川洋一副社長の責任問題に発展しないのでしょうか?

 

というより、「GAMBA」がコケ具合が「白組」屋台骨を思いっきり揺るがしており、
「白組」存亡の危機となっているように思うのですが...

 

もしかして、「白組」は 配給を手がける東映に吸収とか...

 

とにかく、
遠くない未来に株式会社白組(SHIROGUMI INC.)の動向についてのニュースが流れるコトは間違いないでしょう!
(; ̄Д ̄)

Sponsored Link

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました